畑は害獣の餌場になる|鳩と人間の関係性|駆除する場合は鳥獣保護法に気をつけよう

鳩と人間の関係性|駆除する場合は鳥獣保護法に気をつけよう

畑は害獣の餌場になる

家

害獣による被害は、農家などを営んでいるような場所でよく耳にすることがあります。その害獣にはハクビシンも含まれています。ハクビシンとはジャコウネコ科の種類で、鼻から額に向けて白い筋が特徴です。そのハクビシンによる被害は、農作物のみではなく、家畜への被害や家屋に糞尿をして悪臭を放つなど様々あります。こうしたハクビシンの被害を予め食い止めるためには、餌になるようなものがあるところには侵入できないよう囲いをつけたり、家屋などには侵入ができないように徹底的に入り口をなくしたりすることです。しかし、個人で対策するには限界があります。いくら対策を行なっても完全にハクビシン駆除することが難しい場合には、専門業者に依頼しましょう。
ハクビシン駆除の業者では、以下のような対策を行ないます。1つは捕獲器に捕まえる方法です。この方法は、鳥獣保護法の対象動物であるために取る手段です。いくら法令によって守られているとはいえ、作物などに深刻な被害を与えているのは間違いないので、捕獲したうえできっちり業者に追い払ってもらいましょう。ハクビシンが嫌う臭いを放つ忌避剤を使う方法も有効といえます。ハクビシン駆除の方法としては、一番簡単な方法です。忌避剤には効果の期限が決まっているので、追い払った後はそこに侵入しないよう対策する必要があります。最後にフェンスで防ぐ方法について紹介します。単純に入れないようにするという方法ですが、実はハクビシンはジャンプ力が高いため柵を超えてしまう可能性もあります。ハクビシン駆除の業者であれば、場所によって臨機応変に対応してくれるので業者に従って対策するときちんと駆除、または追い払うことができます。